畳の歴史とは?日本の床文化の起源と進化の過程をご紹介!

公開日:2024/05/15  最終更新日:2024/01/26

?

日本の床文化を彩る畳の歴史は奈良時代にまで遡り、貴族の贅沢品から始まりました。鎌倉時代から江戸時代にかけて進化し、畳は一般家庭にも普及しました。しかし、現代では畳の使い方が変わりつつあります。この記事では、畳がどのように日本の床文化に根付いてきたか、そして現代の畳事情に焦点を当て、その進化を解説しましょう。

そもそも畳とは

畳は、日本独自の床材であり、その歴史は古く、日本の住まいに深く根付いた文化の一翼を担っています。

畳は床を覆う素材としてだけでなく、日本の建築や生活様式においても重要な役割を果たしています。畳はその構造や材質、サイズなど、独自の特徴をもっているので、解説しましょう。

畳の構造

畳は通常、畳床と呼ばれる板状の芯材に、表面にイグサなどの素材を織り込んで作られるものです。

この特殊な構造により、畳は優れた断熱性や保温性をもち、季節や気候に合わせて快適な室内環境を提供します。

畳のサイズ

畳のサイズには地域ごとに違いがあり、京間(きょうま)、中京間(ちゅうきょうま)、江戸間(えどま)、団地間(だんちま)などが存在します。

これらのサイズは、畳を敷く地域の気候や生活様式に適したものとなっており、畳の使い勝手を考慮しています。

日本に最適な床材

畳はその特有の特徴から、日本の風土に最適な床材です。

畳は高い断熱性と保温性をもち、吸湿能力や調湿機能があり、適度な弾力性で座り心地がよく、自然な色や香りでリラックス効果が期待できます。さらに、吸音・遮音効果もあり、静かで落ち着いた室内環境を提供します。

畳の歴史年表

畳事情は、伝統と新しい価値観が交わりながら進化しています。

畳の歴史の奥深さと現代の変遷を追いながら、我々の生活にどのような影響を与えてきたのか、その興味深い詳細をご紹介しましょう。

奈良時代(8世紀)

畳の歴史は奈良時代に始まります。

奈良東大寺の正倉院に聖武天皇が使用したとされる「御床畳」が存在します。これは木製の台にイグサの筵を5~6枚重ね、ベッドのように使用されました。当初の畳は、筵(むしろ)のような薄いものでした。

平安時代(794年~1185年)

平安時代に入ると、貴族の邸宅が寝殿造の建築様式になり、畳が座具や寝具として配置されました。

しかし、まだ床全体を覆うものではなく、必要な場所にのみ畳が敷かれるスタイルが主流でした。

鎌倉時代(1185年~1333年)

鎌倉時代から室町時代にかけて、書院旁の建築様式が完成し、畳が部屋の周囲に敷かれるスタイルが一般的になりました。

これが徐々に部屋全体に広がり、畳が床材としての地位を確立していきました。

室町時代(1336年~1573年)

室町時代になると、畳は部屋全体に敷き詰められ、桃山時代から江戸時代へと移り「草庵風茶室」が発達しました。

畳の敷き方も炉の位置によって変わり、茶道の発展とともに畳の使用方法が多様化していきました。

安土・桃山時代(1573年~1603年)

この時代から江戸時代へと移るにしたがい、書院造は茶道の発展によって茶室の工夫や手段を取り入れた数奇屋風書院造になっていきました。

畳は茶室だけでなく、町人の家庭にも引き継がれ、畳職人という職業が確立されました。

江戸時代(1603年~1868年)

江戸時代になると、「御畳奉行」という役職が作られ、畳は将軍や大名にとって重要なものとなりました。

畳が一般の家庭に普及するのは江戸時代中期以降で、畳の手入れが重要視されはじめた時代です。畳の材料は本格的に栽培が始まり、畳職人の技術が向上しました。

明治時代(1868年~1912年)

畳の規制が解かれ、一般社会に広く普及しました。

しかし、経済の高度成長とともに生活様式が洋風化し、畳に代わる床材が増えました。畳の需要は低迷しましたが、最近では新しい畳の製品が登場し、畳の素材も多様化しています。

平成時代(1989年~2019年)

畳の使用が徐々に減少しているなか、新しい畳のスタイルも登場し、畳の可能性が広がりました。

琉球畳などが新しい住宅に取り入れられています。畳表生産はピークから減少し、畳店の数も減少傾向にあります。

現代の畳事情

日本の伝統的な畳は、その独自の特性から現代でも根強い人気を誇ります。

しかし、生活様式の変化や新しい床材の普及にともない、現代の畳事情も多様性を増しています。

畳の使用頻度は減少している

畳は和室に温かみと落ち着きをもたらし、その特有の香りや触感は日本の文化や伝統を象徴しています。

しかし、近年の住宅事情の変化により、畳の使用頻度は徐々に減少しています。多くの住宅が洋風の床材であるフローリングを採用し、畳が一部屋だけになることも増えているのです。

畳のメリット・デメリット

畳のメリットとしては、その通気性や断熱性、適度な弾力性が挙げられます。

これらの特性は、快適な居住空間を提供する一方で、管理やメンテナンスが必要です。畳が湿気やカビに弱いため、適切な換気や湿度管理が求められます。

最新の畳製品

近年では、畳の新しい形態も登場しています。

洗える畳、カラー畳、ヒノキの畳など、従来の畳にはない機能性やデザイン性に富んだ畳が市場に出ています。これらの新しい畳は、現代の住宅事情に合わせて進化しているのです。

また、畳表の素材も従来の藺草(いぐさ)やわらだけでなく、新しい化学素材が使われることも増えています。これにより、畳の耐久性や手入れのしやすさが向上しています。

畳の製造や畳屋の減少

畳の製造や畳屋の数は減少しています。畳の職人は熟練を要する技術が必要であり、後継者不足が深刻な課題となっています。

しかし、一方で畳を愛する消費者層も存在し、琉球畳や縁無し畳など新しい畳のスタイルが広がっています。

まとめ

畳の歴史は古代の奈良時代にまで遡り、初めは贅沢品であったが平安時代には貴族の邸宅で広く使われるようになりました。鎌倉時代から室町時代にかけて座敷の床材として普及し、江戸時代には一般家庭にも広がったのです。現代では洋風床材の普及とともに畳の使用頻度は減少していますが、新しい機能性やデザイン性をもった畳が登場し、畳文化は進化を続けています。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

床のカビや劣化を防ぐためにも、定期的な畳の交換が大切です。 一般的に、畳の張替えは10〜15年程度が推奨されます。裏返しでは2〜5年、表替えは5年程度など使用頻度や畳の状態によっても張替え期
続きを読む
「傷んでいる畳を修復したい」「畳を張り替えたいけどどこに頼めばいいかわからない」このような悩みを抱えている方も少なくないでしょう。いい状態で畳をキープするためには、定期的な畳のお手入れが必要
続きを読む
日本の床文化を彩る畳の歴史は奈良時代にまで遡り、貴族の贅沢品から始まりました。鎌倉時代から江戸時代にかけて進化し、畳は一般家庭にも普及しました。しかし、現代では畳の使い方が変わりつつあります
続きを読む