佐久間畳店の口コミや評判

 最終更新日:2024/02/13

佐久間畳店の画像

佐久間畳店
店舗名:有限会社 佐久間畳店
住所:〒273-0004千葉県船橋市南本町8-25
TEL:047-431-3415
営業時間:8:00~17:00
定休日:盆・正月

畳は、保湿性に優れており、夏は涼しく冬は暖かく過ごせる優れものです。しかし、長年使用すると畳本来の機能は劣化するため、張替えなどを検討しなければいけません。すでに畳張替え業者を探しているという方も多いのではないでしょうか。そこで当ページでは、満足度の高い商品とサービスを提供し続ける佐久間畳店の特徴を詳しくご紹介します。

70年以上の実績と信頼を誇る畳専門店

佐久間畳店は、70年の歴史をもつ畳張替え業者です。本社所在地の船橋市を含む千葉県をはじめ、東京都や埼玉県の一部を営業エリアとして活動しています。2021年度の施工実績は231件、同年の見積もり後の施工申し込みの割合は99%にも上りました。

さまざまな畳を取り扱っている

佐久間畳店で扱う畳は、へりのある一般的な畳だけではありません。七島イを主原料とした琉球畳や鮮やかな色で部屋を彩るカラー畳、そして置き畳、ヘリ無し畳、ビニール畳などさまざまな畳を取り扱っています。畳の種類が多いと、畳交換を機に部屋の雰囲気を変えたいという希望も叶います。

へりの種類は豊富

へりは、畳をさらに強くするための大切な部材です。また、畳の角を守るように覆うへりは、さまざまな種類があります。佐久間畳店で揃えているへりは、常時84種類です。たとえば、一般的な紺や緑はもちろんのこと、柄が入っているへりも豊富に揃えています。

そして佐久間畳店のへりは、見本があるので安心です。ヘリの触り心地の確認やデザイン選びを楽しみながら、自分好みの畳を作れます。

状況に応じて畳の交換・張替えサービスを提供

畳は、劣化状況に合わせたメンテナンスを行えば長く使える優れものです。たとえば、畳には畳床と呼ばれる芯が使われています。もちろん畳床も劣化するため、いずれは使えなくなりますが、裏返し、表替えといったメンテナンスを適正な時期に行うことで畳床は20~25年程度は使えます。

このような劣化状況に合わせたサービスを提供しているのが佐久間畳店です。

裏返し

畳表を裏返しにして張り替えるメンテナンス方法です。一般的には3~5年程度が目安となっており、張替えと一緒にへりも新しいものに交換します。今まで使っていた畳の再利用となりますが、ヘリのデザインを替えることで部屋の雰囲気も変化するでしょう。

3~5年程度の目安は、あくまで一般的な目安です。裏返しの時期について不安を感じたときは、佐久間畳店に相談すると的確なアドバイスがもらえます。佐久間畳店に対する電話相談や見積もりは無料です。

表替えと新畳

佐久間畳店の下見の結果次第では、畳表を新しいものに取り替えます。基本的には表替えから5~7年経過後ですが、畳表の傷み具合により交換時期は前後するでしょう。

また、表替えで対応できないと判断した場合は新畳です。新畳とは、畳表、へり、畳床のすべて新しくなるため、見た目の美しさだけでなくい草の香りも感じます。前述した裏返しや表替えといったメンテナンスを行い、日常の手入れがよければ畳購入から20~25年が新畳の目安です。

畳の交換・張替え・修繕の注文から納品までの流れ

佐久間畳店に作業を依頼するときは、電話からはじまり下見や日程調整などを経て納品になります。そしてすべての対応は土日祝でも可能です。そこで、納品までの全体的な流れを確認しましょう。

問い合わせ

畳交換、張替え、修繕などの問い合わせは、すべて電話連絡です。また、問い合わせはフリーダイヤルも可能です。固定電話はもちろんのこと、携帯電話やPHSからも対応できます。問い合わせでは、畳の状態などの困りごと、必要な枚数、そして下見の日時の調整を行います。

下見

下見は、電話で調整した日時に行います。電話相談にてあらかじめ状況は把握できますが、畳の状態や必要な枚数は現場で再確認するので安心です。

下見が終わると次は、畳床、畳表、ヘリの選定です。畳の選定には、見本が使われます。実際の見本を見ながら選べるため、部屋にぴったりな畳が選べるでしょう。畳床、畳表、ヘリが終了したら、見積りを提出し作業日を決めます。

施工

下見のあとは、畳の引き上げと納品です。あらかじめ決めた作業日に、畳の引き上げと納品を順番に行います。畳の引き上げで悩むのが家具の移動です。大きな家具を動かすのは容易ではありませんが、すべて佐久間畳店が動かすので安心です。ただし、少しでも早く作業を終わらせたいと考えている場合は、事前に少し片づけておきましょう。

畳の引き上げが終了すると、つぎは新しい畳の納品です。新しい畳を敷き詰め、高さの調整などを行えば全作業が終わります。最後は、畳および施工代の支払いです。また、納品は基本的に当日ですが、状況により翌日になることもあります。

まとめ

佐久間畳店は、70年という長い間、地域密着で畳に関する相談や施工を続けてきました。また、休日は対応できないという業者が増えている中、土日祝でも対応する姿勢をいまだに貫いています。

せっかく購入した畳ですから、長く使いたいと考えるのは当然のことです。しかし、畳の知識がないという方が多いのではないでしょうか。このようなとき、佐久間畳店は、豊富な知識と技術で最適な提案をしてくれます。

よくある質問


大きな荷物は移動してもらえる場合が多いようです。ただし、貴重品や割れ物などは自身で移動しておく必要がある場合もあるようです。


一枚だけでも対応してもらえる場合が多いようです。


掃除機をかける際や、空拭きする際には畳の目に沿って掃除すると良いようです。カビやダニを防ぐために、普段から天気が良い日には窓を開けて風通しを良くすることが、畳を長持ちさせるコツのようです。


カビ・ダニなどが発生しやすくなるため、絨毯を敷かないほうが良いようです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

日本の伝統的な住まいには、畳が欠かせない存在となっています。畳の材料となるい草は日本の伝統的な床材であり、その機能は単なる床材以上に深いものです。い草は天然素材で、通気性に優れ、湿度を調整す
続きを読む
畳は時間の経過とともに色あせてきたり、徐々に傷んでくるため、定期的な張替えが必要です。畳の張替えには、表替え、裏返し、新調という異なる3つの方法があります。この記事では、畳の構造からそれぞれ
続きを読む
畳を長く使っていると「ささくれが気になる」「なんとなく黒ずんできた」など、いろいろと気になることもあるでしょう。定期的なメンテナンスによって、畳を長持ちさせることができます。 そこで今回は、
続きを読む