加藤畳店の口コミや評判

 最終更新日:2023/01/16

加藤畳店の画像

加藤畳店
住所:千葉県流山市西初石2丁目17-9
TEL:04-7152-3718
営業時間:8:00~19:00 お問い合わせ御注文は年中無休
定休日:作業日は月~土曜日 日曜祝日休業
日曜祝日でも御要望の場合作業いたします

加藤畳店をご存じでしょうか?千葉県で、畳張替えをするなら加藤畳店がおすすめです。加藤畳店は地域密着型で、業者や一般利用者から高く評価されています。丁寧で、高品質な仕事が持ち味です。では、加藤畳店にはどんな特徴があるのでしょうか。今回は、加藤畳店の特徴について詳しくご紹介します。

地域に密着した畳工事の専門店

加藤畳店とはどんな畳店なのでしょうか?こちらでは加藤畳店について詳しくご紹介します。

加藤畳店の会社概要

加藤畳店は、千葉県流山市にある畳店です。現在の社長は加藤畳店の2代目で、畳製作1級技能士の持ち主です。作業日は月~土曜日までで、日曜祝日は休業となります。ただし日曜祝日でも要望がある場合は作業ができます。また、お問い合わせ・御注文は年中無休です。

地域に密着した畳工事の専門店として活動中

加藤畳店は、千葉県を中心として、地域に密着した畳工事の専門店として活動中です。主な活動範囲は、千葉県、流山市、柏市、野田市、松戸市などを中心に近隣の市町村まで営業ができます。現在、畳のことでお悩みがある場合は、お気軽に加藤畳店に問い合わせることをおすすめします。

加藤畳店への依頼元

加藤畳店への依頼元は、地元の建設業者、工務店、不動産業者などです。畳替え先は、各業者が施工する一般家庭、賃貸物件に使われる畳です。

最新設備を導入

現在加藤畳店は、畳の製造に最新の機械設備を導入しています。ただし、機械にすべて任せることはありません。人が機械の作業を丁寧に確認しています。加藤畳店は、真心を込めた畳の製造を心掛けている畳店です。そろそろ畳替えの時期と思われる時には、気軽に加藤畳店に相談することをおすすめします。

畳表(たたみおもて)・畳床(たたみどこ)などのサンプル見本を持って来てくれます。またお店へのご来店も可能です。加藤畳店では、畳に関することをお客さんに分かりやすくご説明します。どんな小さなことでも、お尋ねください。

新畳工事や表替え、裏返しにも対応

加藤畳店ではどんな畳工事をしてくれるのでしょうか?加藤畳店では、(畳)新調工事・表替え工事・裏返し工事の3つの工事ができます。では、それぞれどんな畳工事なのでしょうか。こちらでは加藤畳店でできる3つの畳工事について詳しくご紹介します。

(畳)新調工事とは?

(畳)新調工事とは、新品の畳を製造して、現場に搬入・設置する工事のことです。新品の畳のことを「新畳(しんたたみ・しんだたみ)」ともいいます。一般的に畳は次の3つの部材でできています。

①芯材である畳床

②(ゴザ)表面材である畳表

③畳の長手方向に付けられた布の畳縁(たたみべり)

(畳)新調工事に使われる新畳は、畳床・畳表・畳縁の3つの部材をすべて新品にした畳が使われています。

表替え工事とは?

表替え(おもてがえ)工事とは、新しい畳表と畳縁に取り換える工事のことです。このとき、畳床はそのまま既存のものを使います。

・表替え工事の時期とは?

表替え工事の時期は、裏返しからおおよそ5年ほど経過したころです。

・表替え工事の目安とは?

表替え工事の目安は、畳表のハガレやキズがひどいとき、裏返しができないとき、裏返しがすでにしてあるときなどです。

裏返しとは?

裏返しとは、畳の裏側を上にして新しい畳縁を取り付ける工事のことです。裏返しができる畳は、これまで裏側で使われており、日焼けやキズやほつれがない畳であれば裏返しができます。もし日焼け・シミ・キズが多い場合には裏返しができないことがあります。

・一般的な畳の裏表とは?

一般的な畳は、表も裏も畳表が巻かれています。そのため畳は、表面と裏面(裏返し)で合計2回使うことができます。ただし裏返しのときは、古い畳表を剥がしてから裏返し面を使います。

・裏返しの時期とは?

裏返しの時期は、新品の畳を利用してから5年目以降です。

・裏返しの目安は?

裏返しの目安は、畳表の日焼け・ハガレ・キズがひどいときです。

ふちなし畳や防虫加工なども提供

加藤畳店では、ふちなし畳や防虫加工なども提供しています。では、ふちなし畳や防虫加工とは一体どんなものでしょうか?こちらで詳しくご紹介します。

ふちなし畳とは?

ふちなし畳とは「ふち」がない畳のことです。ふちがない代わりに、畳表を折り曲げて造られています。ふちなし畳の畳表には目積表・化学表などが使われています。ふちなし畳は通常の畳よりも価格が高くなります。理由は、製法・作業工程が違うからです。ふちなし畳の製造には、手間がかかるので価格も上がります。

防虫加工とは?

防虫加工とは、ダニやカビなどを寄せ付けない防虫加工を畳にすることです。防虫加工は新調工事・畳表工事・裏返し工事の時に行われます。作業は、防虫防湿紙などを畳床と畳表の間に入れる加工を施します。

まとめ

今回は、加藤畳店の特徴についてご紹介しました。加藤畳店は千葉県を中心に、地域に密着した畳工事を行っています。最新設備の機械を導入しながらも、一方で昔ながらの丁寧で几帳面な仕事を大事にしています。そのため地元の業者さんや一般のお客さんにも高く評価されています。

現在、畳のことで困り事があるなら、加藤畳店にお問い合わせしてみることをおすすめします。本記事が、加藤畳店の特徴について知りたい方に届けば幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

畳は、保温性・断熱性が優れている日本の伝統的な床材です。今回紹介する千葉市でおすすめの畳張替え業者は、幅広い種類の畳を取り揃えているため、状況に応じて選べるでしょう。 また、お得な初回限定価
続きを読む
畳を張替えたいので自分で取り組んでみようと考えている人もいらっしゃるかと思います。障子や襖の張替えとは異なり、非常に繊細な作業になるので、技術力に自信が無い人や経験したことが無い人は避けたほ
続きを読む
日本の伝統的な造りである畳張りの和室。ライフスタイルが洋風となっても、畳の部屋があると落ち着く、横になりたいという方も多いのではないでしょうか。畳は植物で出来ているため、年数が経つと日焼けし
続きを読む